足利をげんきにするプロレスラー

今までの足利

  • HOME »
  • 今までの足利

■足利は今、人口減と経済衰退真只中。

ashi01

足利には仕事がない、子育てしにくい、まちに魅力がない。大型ショッピングセンターがある佐野が良い。工場が沢山ある太田が良い。様々な理由で足利から人口が流出していきます。人が減る分だけ経済は縮小し、仕事も減っていきます。その結果、市が使える税金も減ります。
こんな状況がもう20年も続いています。
このままで本当に、私たちの子供や孫の世代の足利は大丈夫なのでしょうか?

 

■わたしたちには関係ない!?

税収が減ると行政サービスの低下につながりかねません。
それを補うために市が借金をするか、国や県に依存するか、サービスを廃止するか...
このままでは、今より住みにくいまちになってしまいます。

ashi02

<他にも>

○助成金や報奨金のカット
○老朽化施設の建替え中止
○軽自動車税の値上げ
○住民税の値上げ
○証明書発行手数料の値上げ
○施設利用料の値上げ
○ゴミ袋の値上げ
○子育て支援の遅れ
○保育施設の整理縮小
○市職員給与削減
○市職員の人材流出
○図書館などの公共施設閉鎖

※上記は過去、財政再建を進めた自治体が実際に行った行政サービスの整理を例にあげています。足利が現状のまま衰退を続ければこうした行政サービスの低下を招く可能性があります。決して他人ごとではありません。

《末吉としひろ後援会事務所》 お気軽にお問い合わせください TEL 0284-22-3958

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE

TAG index

 

TAG index

 

TAG index

 

TAG index

 

TAG index

 


  • facebook
  • twitter
PAGETOP
Copyright © 末吉としひろ後援会事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.