前回は全国の先進事例をご紹介しつつ、足利市で行われた社会実験により水辺空間の新たな可能性を共有できたことをお伝えしました。
そしてそれを踏まえ、事業開始が決まったのが「本町緑地のオープン化」です。本町緑地は渡良瀬橋と緑橋の間の北側にある公園で、普段はサッカーやラグビーなどに使われています。オープン化とは本来、民間の商業設備(店舗、椅子テーブル、テラス、照明等)を設置できない河川敷などの水辺空間を、地域の合意の下で河川管理者が特別に許可をすることです。それにより水辺空間を利用した賑わいを創出し、魅力ある街づくりに寄与することを目的としています。

市が公表した位置図

本町緑地のオープン化は堤防の天端を河川側に広げ、その上に店舗設置を許可します。店舗を設置する事業者に対し使用料を減免する代わりに、公園の維持管理等を委託するPark PFIと呼ばれる比較的新しいスキームです。これにより増加する公園管理費を抑制し、新たな価値を生み出すことで利用者の利便性も向上します。

本町緑地オープン化のイメージ

大変良い事業だと考えますが、受け皿として募集をする側の行政職員の育成と、そのパートナーたる民間事業者の掘り起こしが重要だと感じています。そこをしっかりと掘り下げて準備をしないと、「募集をしたが手が上がらない...」「事業者が見つかったが利用者が少ない...」ということにも繋がりかねません。その辺りは常任委員協議会でも指摘させていただきました。

また、もうひとつの大きな動きは中橋の架け替え正式決定(https://sueyoshi-toshihiro.com/?p=2377)です。防災上の長年の課題が一気に動き出したわけですが、これは単なるインフラ工事ではなく、まちづくりの核となる事業だと考えます。まちのシンボルとなる橋でもありますが、以下の2点に大きな可能性を感じています。

(1)歩道・自転車道とする旧中橋に使えそうなスペースがある
(2)高架下にスペースがある

(1)については橋の上に仮設の店舗やイス・テーブルを設置して、川の流れを感じながら飲食ができるスポットを作ったり、JR足利駅と東武足利市駅を結ぶ自動運転専用路線にしたりと様々な可能性があります。
(2)は北側の高架下に比較的自由に使えるスペースがありますので、そこに新たな賑わいを作るテナントやイベントスペースなどの検討ができます。

歩道・自転車道となる現中橋

JR秋葉原駅と御徒町駅間の高架下を利用した2k540 AKI-OKA ARTISAN

以上はまだまだ構想段階ですが、本町緑地同様に「ただ場所だけ用意すれば良い」というものではありません。そこにしかない、そこに行きたいと思わせる魅力的なコンテンツが必要です。「北関東初進出の○○」とか「足利でしか体験できない▲▲」といったものをあてがうためには民間の発想とノウハウは必須です。

そのためにも「公民連携」の体制強化を行政と民間の両面から進めなくてはいけません。

3回にわたり色々とお話をしましたが、多くの皆様のご協力で渡良瀬川には良い風が吹き始めました。この風に乗り、魅力ある足利を作れるようにこれからも提言、議論を進めてまいります。

皆様のご意見などありましたら、気軽にお聞かせください。

□関連記事
中橋が3連アーチを維持して並立整備へ
→ https://sueyoshi-toshihiro.com/?p=2377
【視察報告】ミズベリング信濃川やすらぎ提事業
→ http://sueyoshi-toshihiro.com/?p=1178
【渡良瀬川の利活用・中橋リバーサイドシネマ】について
→ https://sueyoshi-toshihiro.com/?p=1654

□過去の議事録
H29.3渡良瀬川の活用について
→ http://sueyoshi-toshihiro.com/?page_id=1108
H29.12 渡良瀬川の活用について
→ http://sueyoshi-toshihiro.com/?page_id=1550
H31.3 公共施設・公共スペースについて(公民連携)
→ https://ashikaga-city.stream.jfit.co.jp/?tpl=play_vod&inquiry_id=30

□参考
2k540 AKI-OKA ARTISAN
→ https://www.jrtk.jp/2k540/