今回の一般質問は、先日発表になった足高・足女統合新校と市民会館建てかえを中心に、5件の中項目で議論させていただきます。
お時間のある方はぜひ、傍聴またはネット等でご覧いただきたいと思います。

--------------

<末吉利啓の質問>

1 市長の政治姿勢について
 (1) 足利高校・足利女子高校の統合新高校
 (2) 足利市民会館建てかえ
 (3) 中橋かけかえ

2 技術革新によるまちづくりの変化について
 (1) 自動運転化社会への対応

3 文化観光交流について
 (1) 足利氏ゆかりの会

--------------


8月20日に市長が記者会見において、足利高校・足利女子高統合新校に対して現在の市民会館の敷地を提供する旨の発表がありました。今後行われる栃木県との具体的な協議に向けての議論します。
また、本市文化行政の拠点施設更新について大きな決断がなされた市民会館建替えについても、同様に議論します。
そして数十年来の課題となっている中橋の架けかえについて、現在の進捗状況を確認し、課題について議論します。


平成30年第3回定例会において質問した際、自動車メーカーや学術機関などと連携を模索し、実証実験の場を提供すべきであること。本市の様々な長期計画に自動運転化社会の視点を盛り込むべきだと提言しました。
それに対し「企業・学術機関とは連携の可能性を探っていきたい、長期計画は時代に合った対応を検討したい」といった旨の答弁がありました。約1年が経過しましたが、その後の進捗について確認いたします。


今年、足利氏ゆかりの会総会が足利市で開催されます。会場が会長市であること、足利義兼没後820年であること、先日開催された九州国立博物館「室町将軍 戦乱と美の足利十五代特別展」や、応仁の乱ブームなど、足利氏に対する注目が集まっていることを踏まえ、どのような総会としていくのか。また今後の展望についても議論してまいります。
□足利氏ゆかりの会 →http://www.ashikagauji.net/

□インターネット中継 →https://ashikaga-city.stream.jfit.co.jp/